USBケーブルを一発で差し込むコツ

友人と話していて
「USBを差し込む時に逆だとイラッとする」という話になった事がありました。
確かに昔の自分もそうだったのですが、
これ実はコツがあります。

百発百中とは言えませんが
このコツを覚えるだけで確実にUSBが差せるようになります。

会社でも聞いてみた所、
差し込んで、入らなかったら逆にする。という
非効率な返事が返ってきたので、
意外と知られてないのかもしれません。

簡単な方法でUSBに対してイラッとくる事も
無くなるので、覚えてしまいましょう

USBの表と裏

USBメモリ、USBケーブルとUSBを使うものは沢山出ていますが
これには表と裏があります





分かりづらいので
拡大してみると

表(穴が空いてる)

裏(塞がってる)

まず、穴が空いている方が上だと覚えて下さい

 

表を上と意識して差し込んでみる

ノートパソコンやUSB充電器等、
差し込むのは基本的に表が上になってます。
これを意識するだけで全然違います。

覚えるのはこれだけです。


表が上になっています



右側にUSBポートが付いている場合でも表が上です

デスクトップは左が表



デスクトップは置き方や組み方、自作の場合は逆の場合もあるのですが、
大体左側が表になっています。

 

まとめ

既にご存知の方には常識という情報ですが
1、USBの表裏
2、上が表にくる

たったこの2つを覚えるだけです。
覚えるだけなので、なんとなくで差し込むのは
勿体ないと感じてしまいました。

手間も無く
意識するだけで一発で差し込めるようになるので
次回から表を意識して、実践してみて下さい。

 


中には表裏気にせず差せるUSBハブなんかもあるようです。