初『CP+2018』に行ってきましたレポート■2日目

『CP+2018』レポート2日目


おはようございます、
2018年3月3日(土)の『CP+2018』になります。
CP+レポート2日目
今日は開場の10時に合わせて向かいました


1日目(3月2日)のレポートこちら


今日から土日は「PhotoWeekend」という
週末限定のイベントも
隣の会議センターで開催されます

SONYブースへ


最初に急いで向かったのは
SONYブース


お目当は無料のセンサークリーニング整理券です。
無事、12時の回の整理券をゲットしました


時間に行くと、
連絡先や付属品チェックの紙を記入して
約2時間でクリーニングしてもらえます

いつもソニーストアで
クリーニングしたいと思っていたので
ありがたかったです。


2時間後、綺麗になってα7返ってきました。

おかえりα7

たった2時間ですがカメラが取り上げられると
心細くて仕方がなかったです。
カメラのイベントでカメラを持ってないと
途端に防御力が下がります。

PhotoWeekend


会議センター3Fで行われている
「PhotoWeekend」どんなものか
覗いてみました


11時の回のフォトスクールへ
クキモトノリコ先生の講座を拝聴しました。
初心者向けの講座だったので
ホワイトバランスについての話等
噛み砕いて説明していて大変聞きやすかったです。


気になっていたミニチュア写真家の方との
コラボデザートを記念に注文してみました。
3種類ありどれも限定20食。
一番人気は「砂漠デザート」になります


出てきたものがこちら。

1,200円という価格設定ですが、
個人的にはもう少し安くて
写真映えするデザートの方が嬉しかったです。
冬にアイスの塊は辛いものがありました

Go Proブース


中央の広場では
GoProやキャンピングカーの展示、
焼き鳥、ラーメンの販売が行われていました


気になっていたGoProブースへ。


ブースでは実機を触る事ができます
動くGoProを触るのは初めてです。


豊富なアタッチメント。
本体がその場で少し安く購入出来たので
心が揺らぎました

中古カメラアウトレットブースへ



前日行けなかった
中古カメラやアウトレットの販売が行われている
アネックスホールへ向かいました。


本会場のメーカーのブース並みに
賑わっています。


アンティークな中古カメラや
最近の型落ち品が販売しています


カメラバッグがかなり安い!
1,000円でワゴン売りされているものもありました。
大きなものは宅急便コーナーがあるので
送る事もできます。


エツミの三脚も飛ぶように売れていました。
あまりにも色々あるため、
何が欲しいか考えておかないと
いらない物まで買ってしまいそうです。


私が購入したものは「FlashAir」32GB
荷物にならないものを選びました


Amazonだと3,550円のものが2,500円
丁度SDカードが欲しかったので
良い買い物でした

日本カメラ博物館ブース

アウトレットブースを見終わった後は
再びメイン会場へ


東京都千代田区にある
「日本カメラ博物館」のブース
こちらには歴代の
古い撮影機器が置いてありました


こちらはNHKで実際に使われていた
ムービーカメラになります


「レトロかわいいカメラ」のコーナーは
昔のカメラが並べられています。
トイカメラのようなデザインが多く
人気撮影スポットになっていました。


カメラをモチーフにした
オリジナルグッズも販売されています


カメラのイベントなので
それっぽい物を購入してみました。
包装紙もカメラ柄です


カメラ柄の風呂敷は
絵柄が渋くてかなり気に入っています

RICHOブース


こちらは360度カメラが有名な
RICHOブース
自分も「THETA S」愛用しています


新しく販売されたのが4Kも撮れる「THETA V」
写真のようにスタンドや自撮り棒を使うと
下にいる自分が写らないそうです。


花の上に棒を伸ばして撮る
面白い使い方も教えて頂きました。

焦点工房

「焦点工房」でフォトグラファーHASEO氏の講演を拝聴


冊子が配られるという事で早めに行ったつもりが
あっという間に無くなってしまいました。
他の講演と違い、
若い女性がちらほらいたのも珍しかったです


Twitterのクールな印象とは違い、
笑いが耐えないHASEO氏の登壇。
海外で撮ったように見える写真は
岐阜の河原で役所に260円払い撮ったものだとか。
こうして撮影時の裏話が聞けるのも
講演の楽しみの一つですね

行けなかった「大さん橋ホール」

パシフィコ横浜から少し離れた「大さん橋ホール」
こちらも行きたかったのですが
無料シャトルバスが40分待ちという事で止めました


2018年は無料バスの本数を増やすとレポートにありましたが、
こればかりは運営側も予測難しそうです。

CP+レポート2日目はこれにて終了になります

3日目に続く