「Kindle版」週刊少年ジャンプ33号をiPadやnexus7で読んでみました

■こんにちは、ジャンプ作品で好きな作品と言えば

「アウターゾーン」と「変態仮面」を挙げている私です。

今回デジタル版ジャンプが出たと聞いて

Kindle版週刊少年ジャンプ33号を購入してみました。

漫画雑誌は捨てるのが億劫でほぼ買わないため、

かれこれジャンプ買うの7年振りになります。

7年前どうしてもデスノートが読みたくて買いに走りました。懐かしいです



値段は紙の雑誌が250円に対して、デジタル版は300円。

割高な分特典が付いています

___________________________________________

特典1:「ONE PIECE」「NARUTO―ナルト―」「黒子のバスケ」「暗殺教室」がオールカラー!!

特典2:DB×OP「CROSS EPOCH」復刻掲載!!

特典3:こち亀「ジャンプ40年史の旅」復刻掲載!!

特典4:「45thビジュアルジャンプ!!」限定収録!!

___________________________________________

DB×OP「CROSS EPOCH」は一度読んだ記憶があるのですが、

『ドラゴンボール』と『ワンピース』のクロスオーバー作品で

2006年に掲載された作品のため

読んだ事が無い方もいるのではないでしょうか。

■勘違いしていたのですが、Kindleだけでなく他媒体の電子書籍でも配信されています

(Kobo、Yahoo!ブックストア、eBookJapan etc…)

個人的には電子書籍は一つに集約しておきたいので

Kindle版で良いのですが更に特典がプラスされている媒体もあるので

紹介しておきます

■LINE漫画だとスタンプ8個が特典で付くようです。

LINEスタンプよく使う方なら嬉しい特典ですね

ツイッターを見る限り今後スタンプが付く特典がありそうな気配です

■ジャンプBOOKストア!は

鳥山明先生新連載「銀河パトロール ジャコ」の特製壁紙付。

新連載読みましたが、これから面白くなりそうな展開なので楽しみですね

■WJ33号特別企画!! ARジャンプ

これも創刊45周年記念なのか

専用アプリからロゴや表紙を写すと動き出す面白い企画をしていました。

表紙を写すと音楽が流れてキャラが動きだす仕組みになっていて面白かったです。

45周年だけあって手が込んでいます

http://www.shonenjump.com/j/sp_wj33ar/

■Kindleで購入したのもあり

折角なので手持ちのデバイスでジャンプを読んでみたので

簡単な感想を挙げておきます


■Kindle Paperwhite

デジタル版を購入したもののモノクロのため

折角の特典やカラーページが楽しめません。

表紙も寂しく感じますね。

読み込みにも一瞬間があるのもストレスになり、

やはりPaperwhiteは活字を読むのに向いている気がしました。


しかし目次機能は素晴らしい

読みたい漫画のページに一瞬で飛べるのが気持ち良いです


■iPhone5

小さいです、ジャンプの4分の1もないのですから仕方無いのですが

こち亀に至っては文字が多い分拡大しないと読めませんでした。


■nexus7

大きさも重さも丁度良いです。

ただ雑誌というより単行本を読んでいる感覚がします

大きさから言ってiPad miniでも読みやすそうですね。


■iPad2

文句無しの大きさです。

雑誌という事を考えるとこの大きさが読みやすかったです。

ただ若干重いです。

調べてみたのですが、紙のジャンプの平均が700gに対してiPad2は601g

100g軽くなって、薄くなったと思えば良いのですが

家で読む分にはiPad、持ち出すならnexus7、iPad miniといった所でしょうか

■大きさの比較が分かり辛かったので最後に並べておきます

左からiPhone5、nexus7、iPad2

こうしてみると同じページでも画面から伝わる印象も変わってしまいますね。


■目次機能について (左:iPad、右:Kindle Paperwhite)

Kindle Paperwhiteでの感想にでも書きましたが読みたいタイトルに飛べる目次機能は大変ありがたかったです。

それに対して何故かiPad、nexus7、iPhoneにはその機能が付いていませんでした。

何故か<目次 このタイトルにはご利用いただけません>と表示されて使う事が出来ません。

次回があるとしたらその点はきちんとしてもらいたいですね。

最初はわざとなのかと思ったのですが「ジャンプBOOKストア!」で購入すると目次機能はあるようで

媒体によりまちまちなのもしれません

■週刊少年ジャンプの電子化についてまとめ

★良い点

・朝からコンビニや書店へ買いに行かなくて済む

・都会との発売日の時差が無くなる

・売り切れを気にしなくて済む

・軽い

・読んだ後の処分を考えなくて済む

・画面が綺麗

★悪い点

・値段が紙より高い

・広告ページがとばせない、好きなタイトルから読めない

(※ここはビューアによります)

・パラパラ出来ない分、知らない漫画だと飛ばしがちになる

・回し読みが出来ない

・あのガサガサした手触りが楽しめない

■デジタル版は今回だけのようですが、

これが毎週配信されるようになったら

夕方に電車の網棚にある哀愁漂うジャンプや喫茶店やラーメン屋に置いてある3週遅れのジャンプ

学校で朝から誰かが買ってきたジャンプを回し読む様式美も

減っていくのかと思うと少々寂しいですね

■今後値段を通常通りで毎週配信されたら

購入しても良いかと思う方も多いのではないでしょうか。

ジャンプが家に居ながら買える時代になるとはなんだか不思議です

でもあのジャンプ特有の重さや、紙の質感も好きなんですよね