国内初の書店内koboストア『蔦屋書店 熊本三年坂店』へ行ってきました

国内初の書店内koboストア

電子書籍が出てきて2年程経ちましたが、
まだまだニッチな分野。
私も電子書籍はセールになると買っているのですが、
肝心の電子書籍端末は持っていませんでした。

主に電子書籍を購入しているのは
kindleストア、楽天kobo、Reader Storeの3店舗です。
しかし3社共アプリで読めるため、
普段iPhoneやiPad miniで読むようにしています。

そのため、書籍端末を購入する事は無かったのですが、
今回は楽天koboが出している電子書籍端末「kobo」。
そのkoboの実機が触れる「書店内koboストア」というものが
「蔦屋書店 熊本三年坂店」でやっていると知り
デバイス好きとして、行ってみる事にしました。
この「書店内koboストア」は国内初になるそうです。

元々2012年から連携しているため今更かもしれませんが、
国内初にしては場所柄か全く情報が無かったのも
訪れた理由の一つになります。

場所は熊本市の中心地

P1340710_R 『蔦屋書店 熊本三年坂店』は市街地から歩いて5分程です。
店に入っても特にkoboの宣伝等はありません。
全国にある一般的な少し広めの蔦屋書店です。


そのまま店の一階をまっすぐ歩いていくとレジ脇に
それらしき立て看板を発見します。


回り込んでみると発見しました。


レジの隣になります
会計に来られた方の興味が引きやすいスペースになっているようです。

思ったより小さなスペースでしたが
こちらが「書店内Koboストア」になります。
家電量販店ではよく見かける風景ですが、
書店にデバイスがあるのは不思議な光景でした。

連れと見ていると「こんにちは」と
男性の蔦屋書店スタッフに話しかけられます。
Mさんという蔦屋書店のkobo担当の方です。

基本的に熊本三年坂店のkoboについては
Mさんが接客されているという事だったので、
これ幸いと質問とkoboスペースの撮影の許可も頂きました。

今ならkobo Touchが2,980円


そしてスペースで一番目につく2980円という文字。
最初2980円割引かと思っていたのですが、
kobo Touch、kobo miniがなんと2,980円で販売されていました。

さらに1,000円分の電子クーポンが付いているため
実質1,980円になる計算です。
(Kobo Auraは学割で2,000円引き)

元々実物を見て購入を決めようと思っていたのですが、
この値段を見たら即買いでした。


エントリーモデルというのもあり色々言われている端末ですが、

・kobo Touch本体
・カバー
・クリップライト
・電子ブック用ポイント1,000円

と、この内容で2980円だったら
試してみたくなる価格ではないでしょうか。
後日レビューしたいと思います。

既に楽天koboショップでは「kobo Touch」は販売終了していて
フロントライトが付いている「kobo glo」に切り替わっています。

在庫処分に近いものかとは思いますが、
当初500個近かった在庫が残り100個切ったという事なので、
お近くの方は行かれてみてはいかがでしょうか。

電子書籍端末はタブレット端末と違いモノクロなので
触った時のわくわく感は半減しますが、
kobo端末の比較がしやすかったり、
色々と裏話が聞けたので面白かったです。

楽天koboは教育関連に参入したいらしく、
これから情報が上がるのかと思います。

書店内koboストアへ行ってみよう

書店内koboストアですが、
最近は九州にも店舗が増え
更に4月から首都圏でも展開しているようです。

「Kobo Aura」、「Kobo Glo」、「Kobo Arc7」、Koboアクセサリー各種と
今回の「kobo Touch」のセール品は無いかもしれませんが
興味がある方は一度覗いてみて下さい。

楽天株式会社:  楽天Kobo首都圏初、書店内Koboストアを有隣堂で展開 | お知らせ

電子書籍はkindleも読むので
楽天kobo贔屓という訳ではないのですが、
まだまだ伸び盛りな分野。

紙の書籍も未だに購入しますが、
電子書籍が浸透していくよう頑張って欲しい所です。