第7回「六本松バルウォーク」へ行ってきました。感想

※お酒は20歳になってから

2018年4月15日に行われた
「六本松バルウォーク」へ参加してきました

「六本松バルウォーク」って?


その名の通り、
六本松をバルしながらウォークするというイベントになります。
バルというのはスペイン語で
「酒場」「居酒屋」「食堂」を意味します。
酒場などを食べ歩くイベント。
しかもこの日はイベントなので
おつまみや飲み物が300円となっています。
今年でなんと開催7回目
参加店舗は19店舗になります

公式ページはこちら
六本松バルウォーク – ホーム

六本松到着


バルウォークは12時からだったので
12時に六本松駅に集合しました。
実は六本松に降り立つのは初めてです


去年の9月に再開発が行われ
複合施設「六本松421」やプラネタリウムが出来たりと
目覚ましい発展を遂げています。
まだ真新しい建物やマンションが建っていました。

日曜なので「恐竜 DINOSAUR」に入るための
長蛇の列もできています。

もう少し空いてから
プラネタリウムとロボスクエア行ってみたいと思います

バルウォーク開始

さてこの「六本松バルウォーク」ですが
特に参加証も受付も必要なく
参加店に行くだけです

参加店のおつまみ・飲み物が
300円で頂ける素晴らしい日です。

そして六本松にちなんで6店舗回ったら
サービス券が貰えます
それでは今回バルしたお店はこちらになります

一店目■レガレガ


最初に訪れたのは一番駅から近かった
イタリアン「ふどう酒場 レガレガ」
バルウォーク参加店は入り口に
ポスターや看板があるので分かりやすいです


乾杯!
昼からお酒を飲める日曜日最高です



パテとポテトをいただきました。
どちらも300円
申し訳ない位です

二店目■漁師茶屋 桜島


二店目は居酒屋の「桜島」

入り口でお店の人がサザエを焼いていました


これも今日のお品書きの一つになります


サザエと言えば日本酒ですね
日本酒は西の関、大七、船中八策を頼み
皆で飲み比べしていました



イカソーメンにサザエの壷焼きに胡麻カンパチ
焼きたてのサザエと日本酒最高でした

3店目■インド食堂 チチル&シシル


お次はインド料理です。
そろそろお腹にたまるものをいただきましょう


こちらは気合の入ったメニュー。カラーです
バル用メニューが6つあったので
全部注文しました


チキンサデコ、ポテトクミン、ベジチョウメン
チキンカレー、キーマカレー
これにナンとラッシーカクテル。


ナンが大きく4人に対して2枚頼んだのですが
丁度良かったです。
4人で行ったお陰で色々な味を楽しめました

4店目■居酒屋 威風堂々


そして4店目はどこに行こうか
うろうろした後
チャンポンが決めてとなった「威風堂々」へ


チャンポンはミニサイズ。
チャンポン以外もメニューが用意されています


ビールがミニサイズで笑いました
300円ですしね


ちゃんぽんは普通のものと旨辛で。
ミニサイズですが食べ歩きしているため
丁度良い量でした。

辛いものが好きなので
旨辛の方がピリ辛で美味しかったです

バルウォーク終了


さてバルウォーク終了しました。
あれ?と思われた皆さん。
そうですその通りです。

最初は6店舗回るつもりだったのですが
志半ば4店舗目でお腹がいっぱいになり
誰も次行こうと言わなくなり
食後のコーヒーを飲みにいきました。

スタンプラリー埋まらなくて無念です

感想


バルウォーク自体初めて参加したのですが、
300円で店の味や雰囲気を知ることが出来る
最高のイベントでした。

事前に公式ページを見て食べたいものを
チェックしておくと移動もスムーズにいくかと思います。
「六本木バルウォーク」は定期的にあっているイベントなので
気になってる方は一度足を運んでみてください