【博多駅前陥没事故】陥没発生5日目(11/12)の博多駅へ行ってきました

11/12博多駅に用事があったので

11/8に起きた博多駅前陥没事故の現場まで行ってきました。


(2016/11/12 17時撮影)


事故が起きて初めての週末。

天気も良く10日から「光の街・博多」のイルミネーションの点灯も始まり

観光客や買い物客で賑わっていました。

事故現場付近の様子


事故現場手前から「全面通行止」になっています。

丁度この右手に福岡銀行があるのですが、

当日は遠く離れた職場のATMも使えず大変でした。

(今は復旧しています)


思っていたより近くまで歩く事が出来ました。


この場所からも工事の激しい音が聞こえてきます


様子が見えないようブルーシートで目隠しされていました


よく見える場所に立ち止まる人が多いのか

「立ち止まらないで下さい」と注意が促されます。

事故現場のセブンイレブンもすぐ目の前です。

この道はキャナルシティに行く時に使われる道なんですが

ぐるっと迂回して向かう事になります。

博多阪急ビルから見た現場



(2016/11/12 17時撮影)

博多阪急ビルから見ると華やかなイルミネーションに目が奪われ

まるで陥没事故が別世界の出来事のように思えてきます


今も24時間態勢で作業が続いています


(2016/11/12 20時半撮影)


(2016/11/12 20時半撮影)





(2016/11/12 20時半撮影)

事故当日は会社からTVやネットのニュースで見る事しか出来ず

実感が湧かなかったのですが

こうして現場付近を歩いてみたり

夜も工事を行っている作業されている方の姿を見てとても胸が痛くなりました。

14日夜には通行再開を予定しているため

今も急ピッチで工事が行われています。

通行可能になれば風化していく出来事かもしれませんが

このような事故が起き、

そしてその復旧に多くの人が関わっていたのか

記録のためにも載せておきたいと思います。