【博多】「サイバーコネクトツー」会社見学へ行ってきました

「CEDEC+KYUSYU2017」へ行った翌日の
2017年10月29日
「サイバーコネクトツー」社が会社見学を行うと知り
参加してきました。

サイバーコネクトツー社と言えば
「.hack//」「ナルティメット」シリーズで
有名な会社です。

何故見学を申し込んだというと
単純にゲーム会社を見てみたいという動機と

「CEDEC+KYUSYU2017」で登壇された
松山洋社長の熱いキャラクターが強烈だったので
「あんな面白い社長がいる会社なら面白いに違いない」
と思ったのがきっかけになります。


新刊購入した際に
サインを頂いたのですが
サービス精神の塊のような方でした


会社の場所は博多駅から歩いて10分。
東京にもすぐ移動しやすいようになのか
博多駅の目と鼻の先にあります。
良い立地です



最初に広い会議室で
サイバーコネクトツーの行っている事業の説明、
会社の体制の説明を受けます。
松山社長は前日に行われた「CEDEC+KYUSYU2017」の
打ち上げで若干声が枯れつつも
元気一杯に説明を行って頂きました。

ちなみに写真のカラフルなジャージは
アディダスでした。
お好きなのでしょうかアディダス


次に上の階に上がり
開発室やサーバールーム、音響室の見学。
最後に会議室に戻り
質疑応答という形の45分でした。

質問の内容として

・「スマホアプリを作らないのは何故か」

・「何故モントリオールに支店を作っているのか」

・「開発室の席替えはpcごとするのか?」

・「福岡に会社に置く事についてのメリット、

     今後東京に本社を置く予定は無いのか」

というものになります。
私も最後に質問させて頂いたのですが、
一つ一つの細かな質問にも
淀みなく答える様が気持ちよかったです。

まとめ

見学してまず驚いたのが
所狭しと並べられている漫画とDVDの数。


漫画が約6000冊、DVD&Blu-rayが約8000本
他にも最新の雑誌に情報誌
ファミ通やジャンプのバックナンバーと
圧巻の眺めでした。

サイバーコネクトツー社に就職すると
これを自由に借りて読んで良いそうで
(※もちろん就業時間以外で)
漫画と映画、アニメ等のエンタメには困らないそうです。

これは松山社長のクリエイターたるもの
今流行っているものや、
エンタメを常に吸収し続けろという方針によるもので、
とても羨ましい環境でした。

会話の中でも松川社長が福岡で
次世代の若いクリエイターを
育てていきたいという
気持ちがひしひしと伝わってきます。



会社見学は「CEDEC+KYUSYU」の次の日には
毎年やる予定という事なので
又機会があれば訪れたいと思います。
他にもゲームクリエイター志望の方への講座も行っているので
HPをチェックしてみてください。

ゲーム会社を見学するのは初めてだったので
とても楽しかったです。
「サイバーコネクトツー」社様ありがとうございました!





最後に「エンターテインメントという薬」と
「.hack//G.U. Last Recode」の発売
おめでとうございます!