【PSVR】VRをプレイしてみて良かった点・悪かった点感想

プレイステーションVRを遊んでみた感想になります

設置が面倒



開封編でも触れたのですがケーブルが多く

接続が大変です。


説明書とケーブルを一つ一つ確認しながら

接続していくわけですが手間なので

友人の家に持って行って遊ぼうという気にはなりません。

又繋ぎなおしたくないので

自宅ではほぼ繋ぎっぱなしでヘッドセット部分だけ外しています


臨場感の凄さ



93円で購入出来てしまう「kitchen」という

ホラーゲームをやったのですが

これはネタバレしたくないので是非購入してみてください。

VRの性能を活かした怖がらせ方をしてきます。

短いですが93円でVRの凄さを体験できるので

怖いのが平気な方には是非やって頂きたいです。

画像はPSNのソフトランキングです。

値段の安さから「kitchen」が1位になっていますが

2位のサマーレッスンも購入しています。

女子高生の家庭教師というホラーとは真逆の内容ですが

質感や会話の進め方素晴らしいものがあります。

VRでここまで出来るのだと驚きました。


レビュー記事も上げれたらいずれ載せたいと思います。

アリソン編も楽しみです


解像度が荒い


臨場感は素晴らしいのですが、

ソフトによっては解像度の荒らさが気になる場合があります。

これはまだ本数をそれ程こなしていないので

全部のソフトという訳ではありません


自分が動けない


基本的にどのソフトもゲーム内の操作するキャラ(主人公)は

座っていたり、怪我していたり、その場から移動しません


(サマーレッスンの主人公、本来なら青い部分に自分が座っています)

体験する前は自分も走ったり戦ったり出来るものだと思っていたので

これは同じように勘違いしてる方も多いかと思います。

椅子に座っていたり、縛られていたり、ライブで立っていたりと

その場から動かないシチュエーションの内容なので

VRソフトが増えていくと同じシチュエーションが

増えていくかもしれません。

それを言うと「初音ミク」や「アイマス」等の

アイドルとのライブVRはとても相性が良いので

これから増えていくのではないでしょうか

汚れが気になる



体験会の時はコンパニオンの方が毎回拭いていましたが、

額と後頭部の支えるクッション部

こちら長く使っていると汚れてくる部分です。

仕方ないのでこちらの強盗マスク注文しました


最初は笑っていたんですが、笑い事ではありません。

VRを使っていくうちに段々欲しくなってきます。

同じように考えてる人も多いようで

Amazonや楽天、ヨドバシでも品薄や完売しています

部屋が映画館並みの迫力に



丁度新作だった「デッドプール」をVRで再生してみたのですが

部屋にミニシアターが出来ました。

狭い部屋が映画館に!

普段部屋でBlu-rayを見る際は途中で集中力が切れてスマホ見たり、

ながら見になって内容が中途半端になる事が多かったのですが

VRはスクリーンが目の前にあるので映画に集中せざる得ません。

部屋の電気を付けていてもVRを装着してるとほぼ光は入ってきません。

特にアクション系は派手なのでVRに向いていると思います。

次の日邦画の作品も見たのですが、

場面転換も少なく眠くなってしまったので

VRにしたからと言って全ての作品が面白くなる訳ではありません。

ただ2時間ぶっ通しで見ると確実に目が痛くなるので

ここぞの1本をVRで見てみてください。

使用時は1時間毎に15分程度の休憩を取ることを推奨します

引用:徹底解説!PlayStation®VR | PlayStation®.Blog


SONY公式も1時間に15分の休憩を推奨しています。

今までは気分転換に映画館へ行ってたのですが

VRがあれば部屋が映画館になるので行く機会が減りそうです

amazonプライムやhulu、Netflixも対応しているので

これらの会員の方だとPSVRで気軽に映画を楽しむ事ができます。

VR酔いについて


VR酔いが合わなかったとたまに聞くのですが

私自身はほぼ酔いません。

ただ届いてすぐ興奮して長時間遊んでいた時や

仕事から帰ってきた後VRを付けたら

酔いのようなものを感じたので体調も大事かと思います。


目が疲れる


VRが届き毎日遊ぶぞ!と意気込んでいたのですが

思った以上に目を酷使するので

長時間のゲームをする気にはなりません。

とっておきのゲームやBlu-rayの時でいいかという感想になりました。

これはまだやりたいゲームが出揃ってないせいかもしれません


やる気がいる


これは自分の部屋が狭いだけなんですが

VRソフトをやる際にケーブルを繋ぎ

目の前にカメラをセットして、

ヘッドセットをかぶり、目線を調整して

音楽用のヘッドフォンを装着スイッチオンという

一連の動作が手間に感じてしまいます。


まとめ


いかがでしたでしょうか

細々した不満を書いてみたのですが

絶賛している記事は沢山あるのでそちらをご覧ください。

VR気になっているけどどうなんだろうと

デメリットを知りたい方用に正直に書いてみました。

個人的にデメリットを含めても

VRは革命的で購入して良かったと思っています。

まだ供給が追いついていませんが

安定供給になり、VRの購入について悩んでいる方がいれば

参考にして頂けると幸いです。


by カエレバ
 
by カエレバ