1粒1粒丁寧に作られた煮豆がいただける甘味処「豆屋 茜」

仕事終わり、気になっていた店を開拓するため

美味しい豆が頂けるという「豆屋茜」へ行ってきました。

薬院の「no coffee」や「abeki」の近くにある店になります


以前から通っていたのですが、ここが豆屋とは知りませんでした。

夜は22時まで開いているため、21時半頃に訪れたのですが

この時間帯に豆のイートインをするのは珍しいのか

自分が突然入ってきたためか店主を驚かせてしまいました。

閉店も近いのに申し訳なかったです


店内は小さな店なのでこじんまりとしています


白のテーブルと、黒の椅子という組み合わせで

一見ギャラリーのようにも見えます


メニューは大きく分けて3種類

・飲み物+お豆の盛り合わせ

・かき氷

・甘味(ぜんざいや季節のコンポート)

持ち帰りで豆(500円)も購入できます

メニュー名一つ一つが日本の伝統色を使われているのも風情があります


今回頼んだのは<抹茶とお豆の盛り合わせ付き>600円

一緒に頼んだ抹茶が時間がかかるらしく

先にどうぞ、と豆の盛り合わせが運ばれてきました。


つやつやと光った豆の数々。

正月に母が黒豆を煮るのですが、

表面にしわが寄らないようにするのが大変だとぼやいていた記憶が蘇ります。

こちらの豆は文句なしにどれもふっくらと煮られていました

豆に美しいという形容詞もおかしいですが、

芸術品のような豆の盛り合わせです。


一つ一つを味わうようにいただきます

普段メインでは食べる事がない煮豆ですがこうして食べると

特別な料理のようです。豆の種類で味が違います


抹茶も後から運ばれてきました。

これで600円はコスパが高いですね。

ただ女性お一人でされているお店のため

少々時間がかかります。

一人で、友人とゆっくりするのには向いているお店です。


テイクアウトで白花豆(500円)購入。

店主とあまり話が出来なかったので

帰り際、遅くに来て申し訳なかった事、美味しかったですという事を伝えると

もう少し暑くなるとかき氷も美味しくなりますよ。とお話ししました。

豆とかき氷。合わない訳がありません

「今度はかき氷食べにきます!」「是非来てください」と店を後にしました。

暑くなるのが楽しみですね。

ごちそうさまでした!

店名■ 豆屋 茜(まめや あかね)

住所■ 福岡市中央区薬院3-8-9

時間■ 11:00~22:00

電話■ 092-515-2199

休日■ 不定休



べにや長谷川商店の豆図鑑
by カエレバ