八ちゃん堂の冷凍みかん『むかん』は新幹線のお共にピッタリ


新幹線に乗る機会があったので

旅のお供にハっちゃん堂の皮むき冷凍みかん

「むかん」を購入しました。

むかんって?


新幹線によく乗る方はご存知の方も多いかと思いますが

皮をむいて冷凍した「みかん」になります。

皮をむいた「みかん」だから「むかん」

皮をむかん(九州弁で)でいいから「むかん」覚えやすいですね。

国産のみかん100%使用し、

九州の福岡工場(福岡県みやま市)で作られているのが特徴になります。

何処で買えるの?


今回は博多駅のキオスクで購入したのですが、

主に新幹線の駅や福岡空港で販売しているようです。


最近はコンビニや一部スーパーでも取り扱っています

後述しますが通信販売も行なっているので

どうしても購入したい場合は注文されて下さい。

3個で390円おしぼり付き

博多駅で購入したものは3個入りで390円でしたが

1個や2個入りもあるようです。


箱を開けて驚いたのが、おしぼりが付いている事。

これなら事前に手が拭けるし、

みかんの果汁で手がべとべとになっても安心です。

細かい心遣いが嬉しいですね


みかんは意外と小ぶり

普段冬に食べるみかんを想像していたのですが、

一回り小さいサイズでした。


iPhoneと比べるとこの位

このサイズなら子供にも食べやすいサイズです


開封の仕方もピーッと引っ張るだけなので

手を汚さず食べる事が出来ます

食べ頃は30分から1時間前後、自然解凍


店で購入する際は「30分位自然解凍した頃が食べ頃です」と

言われたのですが30分経ってもまだキンキンに堅くて

歯が冷やっとしたので

個人的には1時間位した方が

シャリシャリ感が残っていて丁度良い感じでした。

この解凍時間は季節や室温にもよるので

お好みで召し上がって下さい


最後に完全に溶けたのもジューシーで美味しかったです

時間によって食感が変わるのも面白いですね

販売元はハッちゃん堂

驚いたのが販売元が「ハッちゃん堂」という事でした。

そうです。

たこ焼きで有名な

ほんわか、ふんわか、ほんわかほいの「ハッちゃん堂」です。

調べてみると八ちゃん堂の工場のある「みやま市山川町」は

みかんの産地としても有名な地域。

たこ焼き屋なのに冷凍技術を駆使して

冷凍むかんを販売しているのは面白い繋がりでした

まとめ


冷凍皮むきみかんこと「むかん」

新幹線に乗り場のキオスクでよく見かけていたので

初めて購入してみましたが、

小ぶりでとても食べやすかったです。

旅行先ですぐ友人と昼食の予定だったので

小腹満たすのにも丁度良く、

風邪で食欲が無い時でも水分補給として良さそうでした。

3個入りしか無かったので食べきれるか不安でしたが

小ぶりなのでぺろりと食べれます。

真夏に食べたり、冬にこたつで冷凍むかんと年中楽しめそうです。

通販ではお徳用「訳ありむかん1kg」などもあるので

気になる方はチェックしてみてください