「熊本地震」から一ヶ月、実家に帰ってきました

「熊本地震」が起きて丁度一ヶ月、土日に実家の熊本へ帰ってきました。

益城町、熊本城、動植物園、江津湖、動植物園と

個人的に気になっていた所を周ってきたので

撮影してきた写真、現在の状況など記録として残しておきたいと思います。

青いビニールシートで覆われたご近所


実家は熊本市にあるため、

震源地の益城町からそう離れていない所にあります。

比較的新しい家は外から見た限りの被害は少ないようですが、

年数の経った家になると部屋の瓦が落ちたりしているため

青いビニールシートがかけられた家が幾つも見えました。

うちは瓦屋根ではないのですが、隣は瓦屋根のため今にも崩れてきそうです


瓦の修繕に100万〜200万、お向かいは古い屋敷で瓦も半分程落ちているため

もっと修繕費がかかります。

瓦の業者も全然見つからない状態なので紹介でお願いしています。

他にも修復不可能だからと全部取り壊している家もありました


これは祖母の家ですが、壁が剥き出しになっています


今はこのような状態です。

こういう青いビニールシートがかけられた家が当たり前のようにあります

地震で200kgのピアノが動く!?



部屋に母のピアノがあるのですが、不自然に空いた隙間


これが何か聞くと地震で動いて元に戻せなくなったとの事でした。

掃除してないのが丸わかりですが、

ピアノの足の跡を見ると動いたのがわかりやすいかと思います。

調べてみると縦型ピアノは軽くても200kgあるらしくそれが動くとは想像がつきません


同じように食器棚も人が通れる程の隙間が出来ていました。

中の食器は全部割れてしまったそうです


動かないように天井と固定

(これは地震の後取り付けたものになります)

最初からきちんと固定していたら

ここまで動いてなかったかもしれません


食器棚の裏の壁紙にはひびが入っていました。


古い家なのであちこちにひびが入っています


これ位で済んだのは良い方かと思います


驚いたのが食器棚の上

うっすら何かあった跡があるのが分かるでしょうか


本当はここにも棚があったのですが、

4隅を釘で固定していたのにも関わらず

外れて倒れてしまったそうです。

持ち上がらないからと玄関に置いてあります。


終わらない余震


余震が続いているとニュースでも伝えていますが、

実際体験するとでは全然違いました。

家全体にミシッと圧がかかった気配、

僅に揺れが起こり振動している音、

土日に熊本いた限りはっきりと分かる揺れは1日4、5回起こっていました。

これが毎日あるとなると落ち着く事は出来ません


常に流れている地震情報


テレビを付けるとどのチャンネルも左下に地震情報が出ています






これが外れるのはいつになるのでしょう

地震から一ヶ月、まだ一ヶ月

我が家はある程度掃除されていましたが、震災の爪痕はまだ各所に残されていました