【福岡】大橋のガレット専門店「ル ピュイ (Le Puits)」

先週友人と行こうと思ったら定休日だったため、

再び行ってきましたガレットの店「ル ピュイ (Le Puits)」


今日は開いていたようで安心しました。


場所は大橋駅から歩いて3分。

姉妹店のボンジュール食堂が1軒挟んで隣になります

店内に入ると陽気なアコーディオンのミュゼットが流れています。

ガレット好きなのですが腹持ちが悪く

ランチの候補だと外れてしまうため不安になりながら店内へ


店内はテーブルが3つとカウンター席があり、

そこまで広くはありません。

ただ平日というのもあったのか、食べ終わるまで貸切状態でした


ポスターや無造作に置かれた鍋、積み重なった本

パリの下町のような内装です。

掛け時計が何故かNHKのものなのでとても気になってしまいました。


メニューは種類が沢山あり一般的なハム・チーズは650円から

オイルサーディーンやメルゲーズ、サーモンと変わったものは

900円台になります。

ランチの時間帯(12:00〜14:00)だとガレットにサラダ付き。

注文を取りに来た方にズバリ「腹持ちがいいものはどれですか」と聞いてみた所

オススメされたものはメルゲーズというソーセージを使ったもの、

ジャガイモの入ったものは比較的お腹に貯まるかと思います。と説明されたので

「メルゲーズ、ラタトゥイユ、卵」(980円)をお願いしました


運ばれてきたものがこちら。

アイスコーヒーは追加で注文しています


ランチのサラダもついているため、ボリュームがあります。

中央に見えているソーセージはメルゲーズと言って

イスラム教の方のために豚を使わない羊を使ったソーセージになるそうです。

フランスの屋台では定番のソーセージ

肉の味が独特なのか香辛料が強めに入っているのが特徴でした。


ガレットを開いてみるとラタトゥイユもぎっしり。

途中スタッフの方が心配そうにお腹一杯になりました?と聞いて頂けたのですが

丁度腹八分目でしょうか。

それでも十分ガレットとしてはボリュームがあります。

2年振りに来ましたが美味しかったです


少し胃袋に余裕があったのでデザートも追加。

デザートはその時によって違うようで

今回はチーズケーキかドライフルーツのケーキ、ババロアから選べたので

ババロアをお願いします。

ソースは桃かベリー系がどちらが良いですか?と聞かれたのでベリー系で。


白と木苺やブルーベリーの赤がよく映えます。

パンナコッタのような味で、ソースも丁寧に作ってあるため

予想していたものより遥かに美味しいデザートでした。

ここまで食べたら胃袋も満足したようです。

ガレット+コーヒー+デザートと合計で1300円になるので

ランチとしてそれなりの値段になってしまいましたが

たまにはいいのではないでしょうか。

店としては静かでゆったりできたので満喫しました。


後、裏ワザになるのですが14:00までだったら

ボンジュール食堂のステーキがこちらで頂けます。

ボンジュール食堂は美味しいのですがいつ行っても満席で

テーブルの間隔も近く落ち着かなかったためこれは良い情報でした。


以前土曜の午後に行き閉まっていたので

土曜日は15時までなんですかと聞いてみると

今は15時までですが、7月から夜も開ける予定ですと伺いました。

食べログに載っている情報と違っていますので注意してください

ごちそうさまでした!




店名■ ル ピュイ (Le Puits)

住所■ 福岡県福岡市南区塩原3-26-23

時間■ (月〜金)12:00~14:30

(土・日・祝)12:00~15:00

電話■ 092-555-4288

休日■ 不定休






by カエレバ