Stereo Coffeeの「シティ情報ふくおか 創刊40周年バックナンバー展」へ行ってきました

渡辺通りの「Stereo Coffee」へ

「シティ情報ふくおか 創刊40周年バックナンバー展」を見に行ってきました
シティ情報ふくおか 創刊40周年バックナンバー展とはこちら

《シティ情報ふくおか》創刊40周年を記念して、
プレ創刊号から最新号まで全782冊を展示するバックナンバー展を開催
(1/7sat〜1/29sun)。
人気ショップや作家を招いてのイベント企画もあるのでお見逃しなく!!

引用:シティ情報ふくおか 創刊40周年バックナンバー展



コーヒーを頼み2階へ上がります


上がると全ての壁に雑誌がずらっと並んでいました。

全782冊。

運ぶだけでも大変だったのではないでしょうか


雑誌は観覧自由、持ち出し厳禁

貴重な福岡のレジャーやグルメ、エンタメの歴史の資料です。

大事に扱わなくてはいけません


一番手前には創刊号が並んでいました


創刊1号(右)は昭和51年9月25日発行

今と違ってアーティスティックな表紙です


創刊号をパラパラ見てみるとコンサートのページの

小柳ルミ子リサイタルが気になってしまいました。

奥の表紙のおじさんもモダンな絵柄で

最初気がつかなかったです。

40年前の雑誌なだけあり古本屋に入った時のような

独特な古書の香りもします。


ここら辺になるとポップな絵柄になり

おなじみのおじさんの表紙になっています。

ちなみにこのおじさんの名前正式名が分からなかったので

調べてみたのですがWiki情報だと「ふくおかおじさん」と言うそうです。

そのまんまですね


こちらのテーブルには記念撮影できるアイテムが置いてあります。

自分の後に入ってきた韓国の女性5人組がパシャパシャ撮っていたのですが

果たして彼女達はこれが何のイベントか分かって撮っていたのか

気になる所です。


こちらの大分色あせた作品も


300号記念の表紙に使われていたものになります。

当時はピカピカだったんですね


女性の眉に時代を感じる表紙ですが

ロゴがひらがな→アルファベットになっているのもあり

雰囲気ががらりと変わっています


たまに雑誌に付箋が貼ってあるので捲ってみると

編集者の方が調べた跡なのか

新しい建物や観光名所の出来ている辺りに貼ってあり面白かったです。

写真はマリノアの観覧車「スカイホイール」の建設中の様子でした。

今は観覧車も片方しか無いので貴重な一枚です


TVQが開局されたお知らせにも付箋が貼ってありました。

全部チェックしてたらキリがありませんが

実際に行かれた方は付箋チェックしてみてください。


そして個人的に一番食い入るように見てしまったのが

当時の家電の広告です。

実家に似たようなものが物置に置いてありました。

CDラジカセや電話は進化しましたが、

価格帯は今とあまり変わらないですね。


他にも当時の天神地下街のMAPが飾られています。

現存する店はあるでしょうか。

右下の広告のカシオの腕時計も当時は¥54,000ですが

今や50分の1で購入出来るので、えらい時代になりました。


このデザインは今も昔も普遍的な格好よさがありますね


右の壁まで来ると書店やカフェに並んでいるおなじみの

「シティ情報ふくおか」になりました。

表紙のデザインもフォトジェニックなものになり

目次もシンプルにまとまっています。

表紙だけ見比べてみてもその時の流行りを感じて興味深かったです。


最後に記念に。

バックナンバー展は開催してすぐに伺ったのですが

載せるのが遅くなってしまいました。

1/29(日)までの開催なので今週末まであります。

写真では全部伝える事が出来ない40年の福岡の歴史を感じて下さい。

40年分の雑誌を自由に閲覧出来る機会は滅多に無いので

とても楽しかったです。

「シティ情報ふくおか」さんこれからも福岡の情報発信楽しみにしております






店名■ STEREO COFFEE (HP)

住所■ 福岡県福岡市中央区渡辺通3丁目8−3

時間■ 8:00~22:00

電話■ 092-231-8854

休日■ 無休