【Instagram Stories】投稿後の設定、公開範囲、非表示のやり方

「Instagram Stories」を投稿してから保存の方法、

ストーリーから通常のインスタに載せたい場合

ストーリーを見せたくないユーザーがいる場合の設定の仕方を説明します


「Instagram Stories」は投稿するとこのような画面になります。

ちなみに見方ですが、

同じ人の次のストーリーが見たい時はタップ

違う人のストーリーが見たい時はスワイプ(←)で移動出来ます


細かい設定は右下の「…」をタップすると

画面のように展開します。

内容としては

削除:文字通り削除

写真(動画)を保存:気に入った写真や動画があれば保存。

24時間過ぎると消えてしまいます

投稿としてシェア:ストーリーから残しておきたい動画や写真があれば

Instagram上に残しておく事が出来ます


『投稿としてシェア』をタップすると

いつものInstagramの投稿画面になります。


フィルターや編集も通常通りです

ストーリー設定:公開する範囲を設定する事が出来ます


見せたくない人がいる場合には

「次の人にストーリーを表示しない」を選択すると


個別にストーリーの公開を設定する事が出来ます。

見せたくないユーザーにチェックマークを付ければ

非表示になります




又、別のやり方で非表示にする方法ですが


投稿後の画面で目のマークが視聴者数になります

この目のマークをタップすると


先ほどと同じように設定出来ます。

この画面からだと24時間以内に

ストーリーを見てるユーザーが分かります。

もしその中に見せたくないユーザーがいる場合には

右の「×」マークをタップすると


このように非表示にする事が出来ます。

【Instagram Storiesまとめ】

Instagram】インスタグラムストーリー機能の文字入れ・投稿の仕方

Instagram】ストーリー機能のフィルターかけ方・フィルター一覧

Instagram】ストーリーへ過去の写真・動画を投稿する方法