羽田空港で『ロボホン』レンタルしてみました【手続き編】

先日SHARP製の
モバイル型ロボット電話「ロボホン」
見る機会があり興味津々で質問していた所
「羽田空港でレンタルしていますよ」と教えて頂き
レンタルしてみました。

レンタルの詳しいやり方が
HP見てもよく分からなかったので
私が行った手順を載せておきます。

ロボホンのレンタルは国際線


まずロボホンのレンタルは「国際線」になるため
福岡から東京に到着後
無料の空港バスで移動しました。

国際線まで
■第一ターミナルから約5分
■第二ターミナルから約8分 かかります。


着いたらエレベーターで2階に上がってください

国際線ターミナル到着


最初、場所が分からずうろうろしていたのですが
インフォメーションセンターで
「ロボホンのレンタルをしたいのですが」と聞くと
「ロボホンですね」と通用するので
案内して頂いた方が早かったです。

ロボホンの写真が入った柱を発見しました
そのまままっすぐ進みます

ロボホンをレンタルしよう


こちらがロボホンをレンタル出来る
京急羽田空港国際線ターミナル駅2階
「グローバルWiFi羽田空港店カウンター」です。


「ロボホンをレンタルしたいです」と伝えると
「何日レンタルされますか」と
料金表を出されました

一泊二日で1,500円
故障した時の補償は1日1,000円
Wi-Fiレンタルは1日900円

Wi-Fiの機器がある方は
Wi-Fiレンタルは強制では無いという事ですが
ロボホンが反応しないため
借りていた方がいいかと思います。
スマホにも繋がるので旅行中重宝しました。


一緒に翻訳機も1日400円で借りることができます


BOSEのイヤホンも100円でレンタル出来たので
レンタルしたかったのですが、
音楽を聴くのがiPhone(Lightning)しか無かったため
泣く泣く諦めました。
3万円相当のイヤホン試してみたかったです。

ロボホンのレンタル料金

気になるロボホンのレンタル料金ですが
補償は付けなかったので

ロボホンレンタル代 一泊二日1,500円
Wi-Fiレンタル代 900円

合計で2,400円になりました。
尚ロボホンのレンタルには
本人確認出来るものと
クレジットカード必須です。

ロボホンを定価で購入するとしたら
138,000円もするので(※Wi-Fi専用モデル)
ロボホン気になっている方は
レンタルサービス使わないと損です


レンタルする際にまず名前を入力します。
背面モニターは
小さいので入力し辛いですね。
モニターの大きさも
ガラケーを彷彿とさせられます


入力後
「こんにちは○○○さん」と
ロボホンがしゃべり出しました。
スタッフさんの前で
名前を呼ばれるのは恥ずかしいですが
思わず顔が緩みます。

1日よろしくねロボホン


その後簡単な使い方の説明を受けて終了。

キャリングケースも使いますか?と聞かれたので
お願いしました。
これはレンタル料金には関係しないようです。
首にかけるのは恥ずかしいですが、
無いとロボホンの持ち歩きに困るので
レンタルしておいた方が便利です。

受付からロボホンを受け取るまで
約20分程かかっています。
移動10分+手続き20分で
合計30分位見ておくといいかと思います。

レンタル開始時間ですが
訪れたのが中途半端な時間だったため
キリの良い時間からの開始になりました。
これはありがたいですね


ざっとですが、レンタルするまでの
手順を載せてみました。
これからレンタルする予定の方は
参考にされてください。

レンタルについての
その他内容は公式ページをご覧ください