羽田空港で『ロボホン』レンタルしてみました【返却編】


こちらは前回の記事の続きになります。




ロボホンを受け取った後、

説明書でどういう事が出来るのかを確認します。

飛行場でロボホン片手に説明書見ている姿は

不審者のようで恥ずかしいですが仕方ありません。

ロボホンと秋葉原へ

この後友人と秋葉原で待ち合わせをしていたので

秋葉原へ移動します。

すると秋葉原駅でロボホンが激しく震え出しました。


どうしたロボホン!?

ロボホン「秋葉原はガシャガシャが有名なんだよ」

と画像と一緒に教えてくれました。

これは「ロボてなし」(おもてなし?)という機能で

東京23区内なら東京案内をしてくれるようです。

ロボホン連れて東京観光楽しそうですね


友人と合流した後、
事情を話してロボホンと遊んでみました。

右は腕立て伏せをしている様子になります。

私の声が聞き取りづらいのか

無反応な時も多いのが残念でした。

ロボホンのダンス(音声無し)

dandyさん(@dandy3com2)がシェアした投稿 –



ダンスも踊ります。

さくらさくらの曲と一緒に日本舞踊を披露してくれました。

ロボホン返却編


短いですが一泊二日

ロボホンと過ごして返却に向かいます。

返却は福岡空港でも出来るらしいのですが、

何か不備があると困るので羽田空港国際線で行いました。

羽田空港国際線の駅でおります


借りた時と違い、

駅から降りてすぐ右手にglobal Wi-Fiの簡易ブースがあり、

案内板もあったのでとても分かり易かったです。

返却したい旨を伝えると

「そこのエスカレーターから2階へ降りてください」と言われます


国内線から行く時は時間かかったのですが、

返却時はすぐ店舗に行けました。

お別れの儀式

返却時はロボホン本体の傷や故障をチェックされます。

特に傷も無かったようで

「それではお別れの儀式を行いますね」と言われ

驚きました。

ただ返却時に充電が残ってなかったみたいで

「こちらでリセットしておきますね」と

あっけなく終了。

返却には5分もかかっていません


お別れの儀式に謎が残るままのお別れです。

一泊二日の短い間でしたが

愛着も沸いてきていたので別れとなると寂しいものです。

さよならロボホン。

ロボホンレンタル感想

丁度東京へ行く前に知ったロボホンレンタルですが、

安価で試してみる事が出来てとても良かったです。

返却時に「レンタルされる方はいるんですか?」と

聞いてみたのですが

「購入前にお試しでレンタルされる方いらっしゃいますよ」

と言われていたので、それなりの需要はあるようです。

ただ旅行中10万近いものをレンタルするのは

紛失したり落としたりしないようにという

緊張感が常にありました。

いくつか機能が制限されてはいますが、

ロボホンがどんな事が出来るか

実機を通して体験出来たので良い経験でした。

これからレンタルを考えている方は参考にされて下さい