【YOKAROバス】年間4000円で旅に出よう【中編】

この記事は前に書いた

【YOKAROバス】年間4000円で旅に出よう【前編】の続きになります

無事予約を取り、当日を迎えました

しかしながら生憎の雨。

傘を差しつつ乗り場まで向かいます

博多の乗り場は【博多駅筑紫口 貸切バス専用駐車場】になってます

近くまで行くとYOKAROバスに乗る人の行列がありました

各ルートへ出発するのが同じ時間帯なので、

一見するとどの行列が自分の並びなのか分かりません。

傘で更に分かりづらくなってました

並んでる人を見ると女性やお年寄り、家族連れが多い印象です

あ、ありました。

自分の予約した『臼杵ルート』の並びです

16:50発ですが、その時間になってようやく乗車が始まりました

この天気だから仕方ありませんね

YOKAROのロゴが入ったバス到着。

17:00

入り口で運転手さんから会員証と名前を確認されます

財布等に入れてスムーズに出せるようにしておいた方がいいです

行き先もこの時初めて聞かれます

席は自由席なので空いてる席に座りましょう。

全員座ると40人位になりそうな車内ですが、割とゆったり予約を取ってあるのか

自分の隣も居なくゆったり過ごせました

車内はこんな感じです。外から見た感じではそれ程では無かったですが

内装はちょっと古いですね

乗り心地は悪くなく普通特に不満もありません。

これで本当に採算取れているのか不安になります。

18:20 本来の到着時刻だけど、まだ到着せず

18:33  13分遅れで到着

湯布院の停留所『道の駅ゆふいん』に降ろされます

同時にこのバスにはトイレが無いのでトイレ休憩もこの時兼ねてるようです。


自分と同じ湯布院で降りた人達は車で迎えに来てもらっていたので、

観光目当てなのは自分だけだったのかもしれません

ここは何処だろう

バスが行ってしまうと、人っ子一人居ない道の駅ゆふいん

一応座って時間を潰せるコーナーがありました。

バス停を発見

次の湯布院駅行きのバスは一時間後。

一応YOKAROバスに乗るのだから、

なるべくお金を使わないコンセプトでいきたかったため

ここは一人で待ちました。

待つ事1時間

到着時間になっても来る気配がありません

そして過ぎる事20分…決めました

タクシーを呼ぼう

そうしてコンセプトを守れないまま

タクシー代1100円と引き換えに湯布院駅に降り立ちました。

(タクシーの運転手さんと話してみると、今の時期は霧が多くてバスは遅れる事が多い。

そして霧じゃなくてもバス停は信用してはならない、との事)

お疲れ様でした

次回は帰宅編に続きます