【YOKAROバス】年間4000円で旅に出よう【後編】

2012年お疲れ様でした

今年の汚れ今年のうちに。では無いですが

書きかけの記事をそのままにしておくのも気持ちが悪いので

今年最後の記事にしたかったのですが、持ち越してしまいました。

2013年今年もよろしくおねがいします

前回までの記事はこちらです

今回は後編に辺りますが、YOKAROバスの事だけですと

すぐ終わってしまいますので湯布院旅行記も交えております

■タクシーでホテルに行きチェックイン後

20時近くにホテルに付き荷物を置いて事前調査していた天井桟敷へ行く事に

出来れば立ち寄り湯にも入りたかったのでタオル等も持参

天井桟敷というのは湯布院で有名な亀の井別荘が経営している茶房なんですが、

夜はバー『山猫』に変わり12時まで開いています

http://www.kamenoi-bessou.jp/tenjo.html

途中で適当に腹ごしらえをしたかったのですが、

夜の湯布院は真っ暗で開いてるお店が全然無いため

急遽予定を変更して山猫から先に行く事に。

場違いな感じで一人で入ってしまい慌ててビールとナッツを注文しました

夜はジャズが流れていて昼とは違った趣のようです

しかし空腹にアルコールは切ない…

この後立ち寄り湯を探したのですが、大体19時で受付終了か宿の客のみでした

気づいたら22時過ぎ、亀の井別荘の方だとお店が閉まっているため

湯布院駅の方でお店を探していました

悲しくも湯布院のダイエーすらも22時で閉まります

そしてたまたま通りがかり鳥天の文字が気になって入ってしまった居酒屋『まる』


大将が一人でやっている小さな居酒屋です

メニューがありとあらゆる所に垂れ下がっていて見ていると、

大将に座って下さいと促されます。

他のメニューが気になりつつも注文したのは店頭に書いてあった鳥天と白飯

出来立ての熱々を頂きます


ここの大将がよく喋る面白いおっちゃんでした。

人情味の溢れる人柄で若者や年配の方が帰りに一杯行く感じの居酒屋で

温泉も入れなく散々な一日でしたが、このお店に行けたのが何よりの収穫です。

大将に明日何処の温泉に行けばいいかお薦めを聞いたり

無料で入れる足湯なんかも教えてもらいました。

料理も美味しかったので又ぶらりと遊びに行きたいです

■本日の宿はこちら

シティホテルビッグベアー

シティホテルで素泊まりにしてはお値段がちょっと高いのですが(7千円位)

駅近という事で決めました

一応こちらにも家族風呂があるので深夜空いている時に入れるのはありがたかったです

今回で学んだ事は夕方過ぎに着くなら温泉付の宿を取った方が

ゆっくり出来ます。

夜中の湯布院探検するのも楽しかったですが、二回目はもっと効率良く動きたいですね

■次の日は朝早く起きてタクシーで山の庄屋の館へ

歩くと距離があるのとYOKAROバスの時間を考えてタクシーを使いました

しかしながら9:30から受付だったようで

たまたま近辺で見つけた蔵毘という宿の温泉があったので

聞いた所わざわざ開けて頂きました。申し訳ない


こちらの宿後で見直していたら温泉も多く、

値段も丁度良いので次回来る際の候補にしたいです

山に近いからか露店から見える景色も最高でした

その後本命の庄屋の館へ



こちらはコバルトブルー色した温泉があり一番人気な温泉らしいです。

ただ人気のためか、入湯料が値上げして900円もします。

入ってみると風景も絶景で、確かにコバルトブルー色でしたが

900円は高いかな

(大体立ち寄り湯は500~600円が相場)

割引券貰いましたが、次行くか悩む所です

この後はnexus7片手にメインストリートに向かいつつ山を下っていました

温泉であったまっていたので風がとても気持ち良かったです

途中ギャラリーに迷い込んでしまいコーヒー注文したり



風景を撮ったり



バイクツーリング格好いいですね


のんびり歩いていたら湯布院のメインストリート

湯の坪通りに出ていました。

ここまで来ると何処行っても人と土産屋が多くて

あまり長居する所では無かったです

■14:50にYOKAROバスに乗るため、14:30にタクシーをホテルに呼び

再び因縁の地 道の駅ゆふいんへ(約10分程で着きます)

お昼の駅は人も多く、活気づいてました。

昨夜の人っ子一人居ないのが嘘のようです

到着すると既に人が10人程並んでいます

バスは少し遅れて14:56に到着

臼杵から乗ってる人達のトイレ休憩も挟んでいるため、15:06出発

今回は既に乗っている乗客が居たので相席になりました


トイレに行ってる人はこの札を席に置いておくみたいです

■16:30 博多駅到着です、ただいま

降車場は乗車と同じ所なのですが、

これから各地へ出発する人達がざっと100人程並んでいました。

(昨日私が乗ったバスなので16:50のに乗る人達ですね)

マイナーだと思っていたYOKAROバスですが沢山の方が利用しているようでした

 

■結論としてYOKAROバスはお得なのか?

今回の湯布院が行先になると

博多から高速バスで 往復5000円

博多からJRで 往復7,800円(指定席別料金)

YOKAROバスが断然安いですが

乗車場の道の駅ゆふいんから湯布院駅まで行くのにタクシー片道1000円前後はかかります

(夜に着くと歩きで行くには少し考えてしまう距離です)

今回は往復で行きましたが、片道だけ予約するのも手じゃないかなと思いました

結論としては行先にもよりますがお得ではないでしょうか。

このバスを知らなかったら旅行に行くきっかけも無かったですし、

次はどのルートで旅行へ行こうか、と考えるとわくわくしてしまいます。

急に休みが出来て空いてるルートで旅に出てもいいですよね

利用すれば利用する程お得になるのでどんどん使っていきたいです。

タクシーの運ちゃんから聞いた話だと

臼杵から乗って湯布院の病院へ入院中の旦那さんのお見舞いに毎日乗ってる奥さんもいらっしゃったとか。

自分は旅行にしか使えないと思っていたので

YOKAROバスの利用法に驚きました

 

以上YOKAROバスのレポートでした

本数は少ないものの、乗り心地も普通ですし気になる方は一度利用してみる事をオススメします

後、マスク必須です!

(インフル対策もありますが、夕飯食べだす方も居るので気になる人は気になるかと)

2013年もYOKAROバスを上手く使って旅行へ出ようと思います!