【佐賀】つるつる美肌&とろとろ湯豆腐 嬉野温泉『大正屋』

そうだ、温泉へ行こう。

最近休みになれば頻繁に温泉に行っているのですが、

ふと昔行った嬉野温泉へ行きたくなり、友人2人と日帰り温泉旅行へ行ってきました。

九州だと湯布院や黒川温泉が有名ですが、

嬉野温泉も泉質が良くて素晴らしい温泉があります。

何よりここの温泉豆腐が最高に美味しいので久しぶりに食べたくなってしまいまし

福岡から嬉野温泉までは高速乗って車で約一時間20分

残念な事に天候に恵まれなく前日から大雨でした

途中「金立サービスエリア」に寄りました。

金立で きんりゅう と読む珍しいSAです。


スターバックスとレストランの風月があります


パン屋『バンテルン』の金立名物メロンパン ¥140

インパクトが大き過ぎて味は期待していなかったのですが、

朝食代わりに購入したら意外に美味しく土産に買っておけば、と後悔したメロンパンです。

メロン香りがほのかにしつつ、しっとり甘くコーヒーと相性が抜群でした。

これは下りのサービスエリアでしか売られていません。


OH…なんて日に出かけてしまったのでしょう

流石の大雨だったので、温泉と食事を別の所で計画していたのですが

予定変更して一箇所で完結出来る場所にしました


着きました、『嬉野温泉 大正屋』 嬉野では有名な宿になります。

嬉野温泉(九州・佐賀) 旅館 大正屋|公式サイト

ここに決めたのは通常立ち寄り湯で1000円かかるのですが

昼食に3000円以上頼むと入浴券が付いているという点でした。

これを利用しない手はありません。

今回突然だったため予約しないで行ったのですが、通常なら予約必須の宿です。

昼食が13時半だったら空いてるという事だったので

先に温泉に入る事にしました。


ありがたい事にタオル、バスタオルが無料で貸し出ししているため

持っていくのも着替えのみで済みます


一階が男湯、二階が女湯になっています。

立ち寄り湯は『四季の湯』と大浴場になっているのですが

広々していて、温泉の回りには緑が植えられているためリラックスする事が出来ました。

日本三大美肌の湯と言われているだけあり

嬉野独特の軟らかい泉質になっています。


休憩所も広々しているので休んでいると、梅昆布茶を出して頂けました


湯上りに塩分補給、嬉しい心遣いですね

昼食はこちらになります


『山茶花』


こちらでは会席料理の梅コース(3000円)を頼みました

毎月メニューが変わるようなので次回来た時には違うメニューが頂けます。

どれも繊細で素晴らしい料理です


この煮物のお造り、蛸が柔らかく煮てあり

湯葉も入っています。


こちらは出汁が沸いたらお肉をしゃぶしゃぶしていただきます。

冷酒も飲んでほろ酔い気分です


こちらはどうしても食べたかったので別に頼んだ嬉野の湯豆腐になります。

豆腐を温泉水で煮込んでいるため、

柔らかくとろけて、なめらかな食感が楽しめます。

薬味のかつお節、生姜、ごま醤油をかけて頂きます。

この味です

5年ぶりに来たのですが、この味を求めて来た甲斐がありました。

こちらは売店で湯豆腐セットが売られているので

全国発送出来ます


もう流石に食べられません、と思ってたら

追い打ちをかけるように白米が出てきました。

今頃白飯?とタイミング的にはもう少し早く出してもらいたかったのですが

一口食べるとほかほかで甘く美味しく頂きました。

自家製のうれしの棚田米で

お米だけでもお漬物があればもりもり食べてしまいました。

食いしん坊なのが憎い、でも美味しいお米は幸せの証です。

ちなみにお米も売店で量り売りしてあります


最後にほうじ茶とフルーツ、ライチの寒天でご馳走様でした!

この内容で3000円(+温泉)だと思うととてもコスパが抜群ではないでしょうか


食後雑談していると緑茶を出して頂けました。

隅から隅までスタッフの方の気遣いが素晴らしいです


売店にはお茶セットとお土産の試食が置いてあり、

お土産を選びつつ休憩する事が出来ます。

そして、ここから見れる内庭が美しかったです


外が大雨だなんて思えない景色です。


長々と書きましたが、嬉野温泉日帰り旅行

大雨ながら満足いくものになりました。

天候が良ければ外で食事したり、立ち寄り湯なんかも行けたのですが

一つの宿でゆっくりするのも有りだなと思えた旅でした。

大正屋素晴らしい宿です。

次回も大正屋のおもてなしに会いに訪れたいものです。

そして一日ハンドルキーパーしてくれた友人お疲れ様でした。

いつか泊まりたい宿『大正屋』