【大阪】噂の「ペリーのいくら丼」(680円)に行ってきました

いくら丼が680円で食べられるお店

週末大阪に行ってきたので、

いくら丼が680円で食べられるというお店

「ペリーのいくら丼」に行ってきました。

場所は日本橋から7~8分歩いた所にある雑居ビル。


不定休なので開いてない時もあると

大阪住まいの友人から聞いていたのですが、

運良く訪れた時店長が看板を出している所でした。


開店が12時からで10分前に到着したのですが、

既に10人程並んでいます。


12時になると先頭からぞろぞろ入っていきます。

少し遅かったようで2巡目になってしまいました


30分程すると中のお客さんが出て、入れ替わりで入ります。

ちなみにドアは手動なのできちんと閉めて下さい

(店長が毎回お願いしていました)

店内はカウンターが9席しかないため端から座っていきます。

見た感じ、1人か2人連れで来られている方が多いようです。


メニューはこちら

期間限定のうにがあるかと期待したのですが、

残念ながら終了していました(※7月までのようです)

代わりにほたてが+200円のトッピングが出来るようです。

 

悩んで今回はいくら大盛り(880円)+かに汁(200円)をお願いしました。

店長からいくらの種類を聞かれます

・ぷちぷちとした食感が強いもの

・柔らかくて脂がのったもの

自分はがかたいもの、友人は柔らかいものでお願いしました。

ちなみにダブルにするとハーフ&ハーフにしてもらう事も可能のようです


出てきたものがこちら

だし汁で煮込まれた豆腐に、沢庵、かに汁、いくら丼

これで1020円になります。


どうですか、いくらたっぷりです。

友人の普通盛りと比較すると、

普通盛りが気持ちご飯が見えていたのですが

大盛りは全く見えませんでした。


別角度から

つやつやのいくらです。

味は既に付いているので、備え付けのわさびを付けて頂きます。


そしてかに汁。

あまり期待してなかったのですが、

蟹の身と白菜、油揚げが入っていて、具がたっぷり入っています。

かにの出汁もよく出ていて、丁度良い箸休めになります。

これで200円は安い。私を含め全員頼んでいたのも納得です


ご飯もいくらが均等に乗るよう、

平らにぎゅっとよそってあるため見た目より白米が詰まっています。

少な目で頼んでいる方もいらっしゃいました

自分は配分を間違えて後半ご飯が余ってしまいまいしたが、

友人は普通盛りでちょうど良かったとの事でした。

大満足のいくら丼ごちそうさまでした

食べ終わると、並んでいる人達のためにも

会計を終え、そそくさと立ち去ります。

最後に「お腹一杯なりました?」と店長から聞かれましたが

大満足でした。

 

大阪でしかも結構な確率で不定休のため、

中々行く事は難しいのですが

次回も絶対行きたいお店の一つになりました。

※確実に行きたい方は事前にTELをする方が良いかと思います

次は「ダブルのハーフ+ほたて乗せ」に挑戦します!

ご馳走様でした!

 

これから行かれる方はビルの中とはいえ、

30分以上待っていると汗が止まらなくなっていたので

暑さ対策気を付けて行かれて下さい

 

■ぺりーのいくら丼
■大阪府大阪市中央区東心斎橋2丁目2-7 タワーエステートビル 1階
■06-6211-1123
■(ランチ営業)12:00~21:30
■不定休(売り切れ次第閉店)


Hanako特別編集 大阪遊び! (Magazine house mook)
by カエレバ
 
レックラ – vol1 – [雑誌]大阪・オトナが通いたくなるジャパニーズモダンなお店: おいしいをナビゲートする電子情報誌 (connection forward)
by カエレバ