五千円で買える『THRIVE』首もみマッサージャー(MD-400)のコスパが半端ない

肩凝りが酷い自分のために

普段から仕事でも趣味でもPC作業が多いため肩こりに悩まされています。
もうガチガチです、鋼鉄の肩を持っております。

ついでに言うと腰も酷いです。

整骨院に週に2回通っていて鍼と電気治療をしているのですが、
地味に時間とお金がかかるため
以前から考えていた
首用マッサージ機を購入する事にしました。
残念ながら肩用が見つからないため首用です。

こればかりは実際使ってみないと分からないので
家電量販店で一通り試してみたのですが、

試した結果、マッサージ機というのは

・たたく

・もむ

・たたく&もむ両方 の3パターンが出来る機種に分かれているようでした。
後は機種の強さです。
これも痛いレベルのものからもう少し頑張ってと言いたくなる機種まで
千差万別で、レビューや感想だけで購入しなくて良かったです。

試してみた結果、『スライヴ(THRIVE) 首もみマッサージャーMD-400』
こちらに決めました。

スライヴ(THRIVE) 首もみマッサージャー オレンジ MD-400(D)
by カエレバ
Amazonで¥4,654
5千円でお釣りがくる破格値です。
真剣に悩んでいたので1万円台のものも想定していましたが、
5千円ですよ!安い!

色は他にもあるのですが、オレンジの方だけ安くなっています。
家で使うものなのでオレンジでも気にしません。


ブラウンは\6,900


人の手のように首を揉みほぐしてくれる心地良さ


もみ玉の部分を拡大してみると、この黒い部分が押し出し揉みをしてくれます。
なんと1分間に約35回
これが究極に気持ちが良く毎日使っています。
上下をひっくり返せば腰にも使う事が出来るのもありがたいです。


ボタン操作も3つしか無いため操作に迷いがありません。
起動する時は『連続/自動』を押し、止めたい時には停止ボタンを押します。
実にシンプル

『連続/自動』ボタンは2回押すと普通の動きからスローテンポの動きになります。
強弱というよりリズムの違いみたいです

『ヒーター』ボタンは押すと温かくなるという事ですが、
実感する程ではありません。


使い方は肩にかけるように乗せるのですが、
肩部分からズレないように少し重く作られています。
1.8kgあるので安定はしています


肩に乗せた時用に手で持つベルトがあり、
ボタンもあるため、ハンドフリーで使う事が出来ます


このような形で
椅子に座りながらPCしつつ使えるか試してみましたが、
力が分散してしまうため
キーボードを打ちながらは向いていません。



箱の側面に書いてある壁や椅子に固定しながら使う方法。
これが自分の一番凝っている部分(肩甲骨)を重点的に揉みほぐす事が出来るため
かなりオススメの方法です。
本来ならこちらは肩用ではないため正しい使い方ではありませんが、
帰宅後これを使うと使わないでは
肩の疲労度が全然違います。
定格時間:20分、オートオフタイマー:約10分と
勝手に切れるため、切り上げるタイミングも丁度良いです。
寝落ちや、電源切り忘れも心配要りません

あまりに気に入ったため、
実家の両親に送ってあげようと思っています。
自分のように鋼鉄の肩をお持ちの方
PC作業で腰や首に爆弾を抱えている方に

オススメします。
スライヴ(THRIVE) 首もみマッサージャー オレンジ MD-400(D)
by カエレバ