【福岡】コスモス満開 能古島へ上陸してきました

※このブログに掲載されている写真及びテキストの無断使用はご遠慮ください。

キュレーションサイトの使用もお断りします


友人に誘われて、福岡市西区にある島『能古島』へ行ってきました。

丁度今はコスモスの時期のため写真を撮るのに適した季節という事でした。

楽しみですね

能古島へ行ってみよう

能古島へ渡るには西区姪浜から渡船場からフェリーで向かいます。

車で行ったため、駐車場に停めて行く訳ですが

一般駐車場は満車のため臨時駐車場のほうへ停めました。


臨時駐車場は1日1000円


※普段だと 1日500円で停めれるようです

フェリーで10分 バスで20分で着くアイランド

無事車を駐車し、フェリー乗り場へ向かうと

途中海上タクシーというのもに 行列が出来ていました。

話を聞いてみると基本的に1時間に1本のフェリーが出ているらしいのですが、

次は30分後とのことでした。 それを聞いて海上タクシーで行く事に変更します


島まで行くのに海上タクシーだと大人500円、小人300円

※フェリーだと220円なので少し割高です


来たタクシー(?)は漁船そのもので思わず突っ込まずにはいられませんでした。

これはこれで面白いので良い経験です。

前に5人、後ろに7人程乗船して出発します。


一番後ろの席に座ったのもあり、スピードは早く風が心地よかったです。

後半水しぶきにより 上着がずぶ濡れになるというアクシデントもありましたが、

海上タクシーならではのハプニングでした。

 

さて、島へ上陸しました。

着いた直後に「臨時バス出発しますー!」の掛け声。

 

目的地は私達の目指す「のこのしまアイランドパーク」

これを逃したら又30分後と聞き慌てて飛び乗ります。

能古島から220円

約15分位でしょうか

バスが急な坂道をひたすら登り続け目的地まで運んでくれました

バスの時間やフェリーの時間が上手く繋がっていて助かりました

玄海国定公園 のこのしまアイランドパーク


着きました。臨時バスから降りて、能古島アイランドパークへ到着です。

入場料は大人1000円、小・中学生は500円になります



 

 

 

 

 

《能古島》 のこのしまアイランドパーク



入り口には名物?「のこのしま甘夏生ジュース」(200円)や 焼き立てよもぎ餅(100円)が売ってありました。

よもぎ餅は熱々なので、これからの時期だと美味しいですね。

コスモス畑を目指して

少し腹ごしらえをしてコスモス畑を目指します。

案内板を見ると結構な距離があり、覚悟を決めて歩き出します。

この日は天気に恵まれて秋晴れだったため

汗だくになりながら目的地まで向かいます。

着いた先は一面のコスモス畑。

白やピンクの花々に目を奪われました。



お昼前に着いたのですが、最初は少なかった観光客も徐々に増えてきます。


一面のコスモスに圧倒されます。コスモス畑なんていつ振りでしょうか


ハチやテントウムシもぶんぶん飛んでいます


最初は暑かったのですが、

風がよく吹いてきたため丁度良い気温になりました。


海を見渡す眺めも最高です


写真を撮り終えコスモス畑を振り向いてみると見事に観光客が増えてました。

時期的にもツアーバスも出ているようですね。

お腹も減った事ですしここらで退散です。


帰り道うさぎ小屋を覗いて帰ります。

子ウサギの可愛いらしさに癒されます。

昔はふれあいパークで触ってもよかったようなのですが、

今は市の動物管理センターからの指示でふれあいが出来なくなっているようでした、残念です


帰りのフェリーは『フラワーのこ』に乗り込みます。

このフェリーは乗用車が10台、定員300名まで乗れる大型の渡り船です。

行きの海上タクシーも、フラワーのこもどちらも楽しく乗れたので

もしこれから行かれる方は両方乗るのがオススメです。

 


乗船して約10分で到着です。

お疲れ様でした。

能古島へ行くのは初めてでしたが天気にも恵まれ

写真を撮るのにも抜群のロケーションでした。

アイランドパークは春夏秋冬 季節の華が楽しめるらしく、

秋だけでなく他の季節も又訪れてみたい場所でした。

コスモスは遅咲きコスモスもあるため11月下旬まで咲いているそうなので、

週末はコスモスを見に能古島へ出かけてみてはいかがでしょうか