【羽田空港】「カフェねんりん家」のバームクーヘンサンドイッチ

羽田空港で利用してみたいカフェがありました。
第2ターミナルから出発保安検査場を通った先にあるので
知らない方も多いかと思います


「CAFEねんりん家」

東京のお土産といったら「ねんりん家」という位
浸透しているバームクーヘンが有名な店ですが
羽田空港にしかない限定のカフェ。
限定と言われたら気になりませんか?

元々「ねんりん家」のバームクーヘンが好きで、
福岡に戻る時に見かけていたカフェだったので
東京旅行の帰りに寄ってみました。


場所はこちら。
羽田空港 第2ターミナルビル端。
地図上だとそれ程でもないですが、
検査場によっては、
とんでもない距離があります。
Aからだと比較的近いです。
近いですが5分位かかります

今まで行きたいと思っても
あまり端まで行く余裕が無かったり
飛行機ギリギリで
行く機会が中々ありませんでした。

今回は早めに空港に到着したので
行けましたが
これから行きたいという方は
時間に余裕を持って行ってください

「CEFEねんりん家」


外から見ると至って普通の土産屋の
「CEFEねんりん家」
もちろん普通のバームクーヘンも購入できます


カフェスペースは更に奥。
レジで注文して受け取るスタイルになっています

バームクーヘンサンドイッチ


カフェメニューはこちら。
バームクーヘンを使ったメニューばかりです。
ホイップクリームが乗った
ホットバームクーヘンいちごラテおいしそうですね


それより、右側のメニューに注目です。
バームクーヘンに
チキンサラダや海老アボガドを挟んだ
「バームクーヘンサンドイッチ」という
通常では考えられない摩訶不思議なメニュー。
これは一度食してみないとなりません。

季節限定のチキンサラダも捨てがたいですが、
今回は3種類味が違うミックス
ドリンクセットで注文しています

イートインスペース


「CAFEねんりん家」のイートインスペースですが
販売スペースから更に進んだ所に
かなり広く取られています。
待ち時間をつぶすには最適な場所です


家具も赤と白で統一してあり、
スタイリッシュな雰囲気。
一人テーブルもあるので入りやすいです。

いただきます


バームクーヘンサンドイッチは
事前に作ってあるのか
注文すると、すぐ出てきました。

セットドリンクはアイスコーヒーにしました。


嬉しいのが「カフェねんりん家」で買えるものは
飛行機の中にも持ち込みOKとなっていること。

サンドイッチは透明なケースの中に入っているので
急いでいる時は飛行機内で食べる事ができますね。


こちらが
バームクーヘンサンドイッチ ミックス
税込617円(※ドリンクセットは854円)


まさかバームクーヘンも
自分がアボガドやビーフを挟むなんて
思ってなかったでしょう。

見た目的にはカラフルで
おいしそうに見えます。
肝心なのは味はいかがでしょうか


それではいただきます

アップで見るとバームクーヘン感が伝わるでしょうか。
通常のものよりざらめや砂糖がかかってない
プレーンなバームクーヘンのようです。
そのまま食べたかったという思いを
捨てきれないまま
3種類食べ比べてみました。
簡単な感想ですが

ビーフ:ビーフの味が濃いので
バームクーヘンの味があまりしない。肉がうまい

海老アボガド:意外といける。
見た目はぎょっとするが
バームクーヘンとアボガド悪くはないです。
ただ単体で食べたいです

卵:ベーコンの塩気とバームクーヘンがちょうど良い、
個人的にこれが一番バランスが良い。
バームクーヘンの良さが
引き出されているようです。

思ったよりバームクーヘンの甘みが少なく
具を邪魔しないので
そこまで違和感無い味でした。

ただ甘みが少ないと言っても0では無いです。
ほのかに甘いので普通のものが食べたいという方は
真向かいのスタバで注文する事を
おすすめします

感想

ねんりん家のバームクーヘンが好きだったので、
以前から気になっていた
バームクーヘンサンドウィッチ
ようやく食べる事ができました。

バームクーヘンだと思い食べてみると
驚く味なので面白い食べ物をお探しの方は
羽田から発つ前の思い出話作で
召し上がってみてください。

正直、
賛否両論別れる味かと思いました。

次はメニューの端にあった
バームクーヘンとビールのセット食べたいですね。
ごちそうさまでした!




店名■ カフェねんりん家 (HP)

住所■ 東京都大田区羽田空港3-4-2

羽田空港第2ターミナル 出発ゲート内 51番搭乗口前

時間■ 6:00~20:00