【大阪】梅田「はなだこ」のたこ焼き求めて並んでみた

新梅田食堂街「はなだこ」へ行ってみた


折角出張で大阪に来たので

たこ焼きを食べようとおもい

有名な「はなだこ」へ行ってきました。

場所は梅田の新梅田食堂街にあります


奥に進むと長い行列を発見しました。

近づいてみると「はなだこ」の列。

こんなに人気あるとは知らず

並ぶのを止めようかと考えます。


結局並んでいるの図。

なんと店の前だけではなく、

外に出た通路にまで列がありました。


15分後

ようやく店の前に並ぶことができました。

見た目よりは進みが早かったようです


先にお会計を済ませます。

テイクアウトと、立ち食いの

どちらかになりますが

ほとんどの方が立ち食いを選んでいました。


注文を終えると、

「お待ち札」と割り箸、紙コップが渡されますので

そのまま大人しく待ちます。

紙コップはお水用ですが、

2人でたこ焼きを注文した方が

別皿に使ったりもしていました。


カウンターから2列になっていて不思議だったのですが、

カウンター側が食べてる人、

2列目が待ってる人です。

食べ終えたら待ってる人のためにも

すぐカウンターを渡してあげましょう。

メニューはこちら


人気メニューは

普通のたこ焼とネギマヨの2種類。

個人的にはネギマヨにも魅力を感じつつ

やはり最初は普通のたこ焼きをお願いしました。

飲み物が安いので

注文している方もちらほら見かけします。


約5分後カウンターに来る事が出来ました。

ここでは手際よく焼いているところが見れます


カウンター前にくると

即番号を言われてたこ焼きが運ばれてきました。

6個450円

強気な価格設定です。


それでは熱々の焼き立てをいただきます!

食べて驚いたのが、

大きなタコが入っている事。

タコも生ダコを使っているため

歯ごたえがあり、

全体的にはふわふわで柔らかなたこ焼き。

ソースはこってりとしていて甘め。

口の中を火傷しないように頂きました。

たこ焼きに行列、

最初は嫌だなと思いながら並んでいたのですが、

並ぶ理由がわかりました。

又並んでも食べたくなるたこ焼きです。

次回はネギダコを注文したいと思います

ごちそうさまでした!




店名■ はなだこ

住所■ 大阪府大阪市北区角田町9−26

時間■ 10:00~23:00

電話■ 06(6361)7518

休日■ 無休