【日本初】Tジョイ博多「3Dドルビーシネマ」初体験!感想と料金について


最近映画をよく見るのですが、

2018年11月23日(金)に

博多駅に日本初「Dolby CinemaTM(ドルビーシネマ)」

出来たと聞きつけ

映画好きな自分は早速行って体験してきました。

感想や料金について書いていますので、

この記事を参考にされてください。

ドルビーシネマって何?


そもそもドルビーシネマとは何か。

「Dolby CinemaTM(ドルビーシネマ)」とは

新次元のハイスペックシアターのこと。

映像と音響のパワフルな技術に、

卓越したシアターデザインが組み合わせられてる

映像体験になります。

ドルビーシネマの魅力は3つ

・ドラマティックな映像

・心揺さぶるオーディオ

・究極のシアターデザイン

単語が漠然としていて分かりませんね。

めちゃくちゃ簡単に言うと、

映像と音楽が最高レベルの映画のスクリーン!

ドルビーシネマで今後映画の見方が変わります

ドルビーシネマの料金について


ドルビーシステムを体験するのに気になるのは、

そう、値段ですね。

このように価格が決められています

■ 鑑賞料金(税込)■

・ドルビーシネマ作品:各種料金または各作品前売鑑賞券に一律追加 +\500

・ドルビーシネマ3D作品:各種料金または各作品前売鑑賞券に一律追加 +\900

・ドルビーアトモス作品:各種料金または各作品前売鑑賞券に一律追加 +\200

分かりづらいので

一般の通常料金に直してみると

・ドルビーシネマ作品:2,300円

・ドルビーシネマ3D作品:2,700円

・ドルビーアトモス作品:2,000円

このようになります。

いくら新しい体験とはいえ2千円超え。

もちろんサービスデー等はもう少し安くはなりますが

映画にこれだけ支払えるか、

一旦考える値段です


今回友人と一緒に見たのですが、

時間的に3Dのドルビーシネマの時間帯しか合わなかったため

通常料金+900円の2,700円になりました。

安い日には1,100円で見れる映画が

2倍以上するので

複雑な気持ちでチケットを購入しました。

結果としては3Dドルビーシネマで見れて

後悔はしていませんが、

2人分予約した時の値段は5,400円。

決済ボタン押すのにかなり勇気がいりました。


今回見に行ったのが

ドルビーシネマ&映画公開の2日目だったのですが

視聴30分前でも席の埋まりが半分いってなかったので

採算が取れるか心配であります。

ドルビーシネマ体験

それでは実際にどんな風にドルビーシネマを体験したのか

ご覧ください


今回ドルビーシネマで見た映画タイトルは

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

T・ジョイ博多も大作に合わせてドルビーシネマを

オープンさせるとは憎いですね。

こちらが入場前のチケット引き換え所になります。

奥には『ファンタスティック・ビースト』の

特大ポスターが貼られています


シアター9の隣にドルビーシネマのマークが!

そうです「T・ジョイ博多」では

現段階ではシアター9が

ドルビーシネマが専用のスクリーンになります。


更に進んでいくと、

シアター9の矢印と共に

ドルビーシネマの文字を発見しました。

これは分かりやすいですね


そして奥には

青く発光するドルビーシネマロゴが!


なんとシアター9の入り口には

これから見る

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の

キャラクター達が動く映像が流れていました。

これはAVP(Audio Visual Path)というものになります


グリンデバルド役のジョニーデップが現れたり


消えたり。

映画ファンにはたまらない演出です。

この演出も映画の内容によって変わるため、

ドルビーシネマで見る楽しみが増えますね


 
View this post on Instagram
 

ドルビーシネマ体験

dandyさん(@dandy3com2)がシェアした投稿 –



↑映像の動画はこちらになります

ドルビーシネマ真新しい椅子


今回「3D」ドルビーシネマだったので

入り口で専用の眼鏡が渡されました。


通常の3Dや4DXと比べて

頑丈な作りの眼鏡になっています。

映画が終われば出口で返却します。

家に持って帰っても邪魔なだけなので

返却式の方がありがたいですね。


スクリーンに入って驚くのが

新しい空間に、新しい椅子。

全体的に出来たばかりの真新しい香りがします。

一緒に視聴した友人が

「新車の匂いがする」と言っていたのが印象的でした

ドルビーシネマ感想

今回ドルビーシネマで見たのが

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

ドルビーシネマのオープンを映画公開に合わせたのは

大正解だったと思います。

その理由を挙げていくと…

音響が凄い!!!

魔法をかけると

前から後ろから物質が動いたりする音、

後ろに抜けていったり、

魔法が回っている音などがよく分かります。

ひそひそ声や、物を落とした微笑な音まで聞こえるので

現実で誰か物を落としたのか?と

心配になるほどでした。

映像が凄い!!!

全く新しい黒を感じることができます。

映画の前に軽いドルビーシネマの説明があり

「今見てるこの色は、実は本当の黒ではありません」



「これが本当の黒です」

という演出があるのですが、

本当に見ている世界が黒→暗黒になります。

この演出初めてだとかなり感動します。

黒が美しいと感じるのは初めてでした。



※こちらの動画の1:40辺りです

(youtubeだと変化ありません。館内で是非黒を体験してみてください)

他にも映画自体の映像処理や表現もあるかとは思いますが、

炎や水の表現がコントラストがはっきりしていて美しかったです。

3Dで見たので空を飛んだり、高所から見下ろすシーンは

まるで、その場にいるような感覚でした。

ドルビーシネマについての本音

まずは高い!これですね

価格帯としては2千円超えるので財布が痛いです。

ただ逆に考えると

2千円払ってでもドルビーシネマを体験したい

お客さんばかりなのでマナーが大変良かったです。


さらにドルビーシネマは

全ての映画で見れるわけではなく、

これから予定されているのはこちらの作品になります。

映像にお金をかけている大作が多いですね

個人的にはマーベル作品が好きなので

・アクアマン

・キャプテン・マーベル

はドルビーシネマで見たいと思っています。

「ファースト・マン」はタイトルからすると

スーパーヒーローもののようですが、

月面着陸の宇宙の話になります。

話的にもドルビーシネマの

黒の表現が似合いそうです。

4DXの方がよくない?

「ドルビーシネマ」でライバル視されるのが

体感型アトラクションシアター「4DX」かと思いますが

全く別物と考えた方がいいです。

4DXはアトラクション寄りになります。

椅子自体が動いたり、光や風があると

そちらに注意がいってしまうため

アクション系だと楽しいですが

ストーリーには集中し辛いかと思います。

これは好き好きですね。

今は応援上映という映画の見方もあるので

映画の楽しみ方は

色々あって良いのではないでしょうか

ドルビーシネマでこれから見る?

体験して正直な感想ですが、

全部の作品をドルビーシネマでは見ません。

お金がかかった大作なら見たいです。

正に今回の『ファンタスティック・ビースト』は

ドルビーシネマの魅力が120%引き出している

価値のある映画でした。

没入感が素晴らしく、

134分映画の世界に集中できました。

個人的には視聴し終わった後、

友人とどこが良かったと

映画の感想を交えてディスカッション出来たので

話題作りにも良さそうです。


ちなみに今ドルビーシネマのキャンペーンを行なっているので

興味ある方はスタンプを集めてみてください。

3個スタンプを貯めるとソフトドリンク、

5個貯めると豪華商品が当たる応募券になっています。



↑詳細はこちら

料金と見たい映画の数を考えても

5個貯めるのは難しそうですが

気長にチャレンジしてみたいと思います。

ドルビーシネマが気になっている方、

百聞は一見に如かずです。

是非一度体験してみてください