【羽田空港】「佐藤水産のジャンボおにぎり」は移動にぴったり朝ごはん

羽田空港で朝食を

最近仕事以外の用事で
東京へ行く事が多くなったので、
それならば羽田空港を満喫しようと思い
羽田空港グルメを楽しんでいます。

今回はTVで見て
食べたいものがありました

「佐藤水産のジャンボおにぎり」です。
その名の通り大きなおにぎりなんですが、
人気のため売り切れると聞いていて
期待せずに覗いてみました。


販売しているのは

第二ターミナルの2F「空弁工房」

着いたのが13時なので、もう無いかと探してみると


あ!


ありました!!

残り1個でした

写真に書いてある通り「ヒルナンデス」の
羽田空港特集で紹介されていた
グルメの一つでした。

ジャンボおむすぎミックス(鮭・いくら)

税込550円


コンビニおにぎりで換算すると割高です。
高いと思いつつも
羽田空港と北海道でしか食べられないおにぎりと聞いたら
一度食べたくなりませんか?

販売員の方に「TV見て買いにきました」と言うと
「お陰様で売上が伸びました、
大体昼にはなくなってます」ということでした。

一応TVで紹介されてからは
多めには仕入れているそうですです

ジャンボおにぎり開封

それではジャンボおにぎりどんな中身か開封してみます


一緒にお茶も購入しました。


消費期限は購入した日の20時まで。
いくらが入っているので
早めに食べた方が良いですね


開けると黒い大きな塊が出てきました。
これが噂のジャンボおにぎり。

ちなみにおしぼりも付いてくるので
安心して食べられます


大きさを伝えたくて
ペンを隣に置いてみたのですが、
いまいちでした


持ってみると手に収まりません。
更にズシッとした重量感があります。

この感じ、何処かで


裸の大将で見た事があります。
ドラマ版は塩おにぎりですが、
あれくらいインパクトのある大きさでした

ジャンボおにぎり実食

さて、肝心の味はいかがでしょう。
朝から移動続きでお腹がぺこぺこなので
いただきたいと思います


半分に割ってみると
いくらと鮭がこぼれんばかり出てきました。

すごい量です

コンビニのいくらおにぎりと比べると中身が
3倍は入っているのではないでしょうか。


食べると
お米がつやつやとして甘く、
程良い塩味が効いています。
鮭といくらの相性が抜群です

鮭といくらが食べても食べても無くなりません。
なんておにぎりだ


量も普通のおにぎりの2個分位あるので
満足感も非常に高いです。

何より、自分が
空港→目的地でリムジンバスを
使う事が多くお弁当食べるには
安定性が悪かったり、
満席だと身動きが取れなかったりしたので
おにぎりだったら食べやすくて良かったです。

値段は張りますが
その分具がたっぷり、満足度が高い
「佐藤水産のジャンボおにぎり」でした


おにぎりではちょっと…という方にも
佐藤水産のコーナーでは
カニやいくらの弁当もあったので
海産物が食べたい方は覗いてみてください